パーソナルゲノム情報に基づく脳疾患の発症機構の解明

研究代表者:辻 省次 東京大学医学部附属病院
連携研究者:後藤 順 東京大学医学部附属病院
連携研究者:高橋 祐二 東京大学医学部附属病院

本研究の目的は,全ゲノムの塩基配列の解析(パーソナルゲノム解析)に基づいて,脳疾患の病態機序に関与するゲノム上の要因 (variants) を網羅的に明らかにし,脳疾患の病態機序を根本的な解明を実現することを目的としている.特に,疾患に対するeffect sizeの大きいゲノム要因 (variants) を見いだすことに焦点を置き,そのためには,頻度の高いSNPを用いたゲノムワイド関連解析 (GWAS) ではなく,ゲノムの配列解析に基づく解析が必要であるという点が本計画研究を提案する理論的背景となっている.この研究パラダイムを実現するために,高精度のパーソナルゲノム解析の技術開発研究,インフォマティクス技術開発研究,日本人ゲノム参照配列の整備を進める.疾患の発症に関与するゲノム要因 (variants) を効率よく同定するために, effect sizeの大きいゲノム要因が関与すると考えられる多発家系に対して,全ゲノム連鎖解析,次世代シーケンサーを駆使したアプローチを進め疾患遺伝子の探索を進める.孤発性疾患については,ある程度大きな規模な患者集団,健常者集団を対象として,ゲノム上に存在するrare variantsを網羅的に解析し,disease-relevant allelesの探索を進める.